キャバ嬢体験してはじめてわかったこと

体入でわかるお店の感じ

私は上野のキャバクラ求人探すならこちらと書かれたサイトで今のお仕事を見つけました。キャバクラって儲かるっていうイメージのバイトで求人もたくさんあるし体入してみると求人に書いてあったこと以外にもたくさんのことを感じます。私の場合は前から期間限定でキャバクラで働いてまとまったお金を貯めたいなって思ってました。そのためいくつかのお店に体入したんですけどやっぱりお店によって全然違うんですよね、雰囲気とか方針とかお客様への対応とかも含めて違いました。個人的にはお客様が喜ぶっていうのが1番なのかなって思ってたんですけど体入のときほどお店側の事情っていうかそういうのが見え隠れするときはなかったです。体入中にお客様に水割りを作るときも飲ませたいとかボトルを入れてほしいお客様には気持ち濃いめに作るとかそういう小技とかもあるんです。あまり言えませんけど細かい指示があるお店もありました。今となっては懐かしい思い出ですけど、体入だからこそ遠慮なく指示できたんだと思います。いろいろ背景が見えて楽しく体入できた思いでです。

体入中は控えめにキャバ嬢もチェック!

キャバクラっていうといかにもかなり稼げる感じがしますけど、稼ぐことに楽な方法なんてなくてやっぱりキャバクラも大変です。わたしが求人を見てこの店でバイトしようとおもって体入を決めたときもいろいろなものが見えました。夜のバイトは初めてだったんですけどやっぱり1番は一緒に働くキャバクラの女の子たちについて気になることが多かったです。キャバクラ界は実力社会みたいな感じがドラマでもしてますけどそういうのが本当にあるし、新人はあんまり前に出れない感じなことも多いです。でも新人でもお金持ちのお客様に指名をもらえたりすればかなりランクアップしていきますから面白いですよね。わたしが体入したときは運よくお店の常連さんで新人好きなお客様がわたしを指名してくださったのでそれなりの売り上げや楽しい時間を過ごせました。そのお客様にキャバクラの楽しさを教えてもらった感じです。それからずっとキャバクラで働くことになっても忘れらないですね。

女性画像

全部教えてもらえるから安心の体入

私が初めてキャバクラの体入をしたときは完全に求人を見てバイトしてみたいと思ったことがきっかけでした。もちろん何の経験もないし接客といってもコンビニくらいの経験しかなかったので不安でしたがとにかく行ってみました。体入することになって初めての日はキャバクラならではのいろいろなことを教えてもらいましたよ。すべてのお店で共通しているかどうかはわかりませんが指でバッテンを作るとお会計とか両手でわっかを作ると灰皿が欲しい合図とか、ほとんど飲みに行くこともなかった私には新鮮で初めてのことばっかりでした。あとはお店の秘密になっていることも多いのですが黒服とはなにかというと指でサインを送りあってコンタクトをとるっていうのも教えてもらいました。初めてのバイトでこんな感じってかなりかっこよく感じましたよね。覚えて使えれば問題なくかっこいいと思います。お酒の作り方やつぎ方もいろいろ教えてもらえて私の体入はキャバ界への入り口そのものでしたよ。